こんにちは、いけちです。

今回は『電脳せどりに合った税理士の選び方』というテーマでお話させていただきます。

 

法人化する場合、

確定申告が非常に面倒になってくるため、

税理士に依頼して確定申告に関する手続きをお任せすることが推奨されています。

 

この記事では、

税理士がどういったものかが分からないという方のために、

税理士に依頼する場合のメリットやデメリットについて解説します。

 

また、

電脳せどりに適した税理士の選び方もお伝えしますので、

いずれは法人化をしたいと考えている電脳せどらーの方は是非ご参考にしてください。

 

税理士に依頼する場合のメリット

税理士に依頼することで得られるメリットをご紹介します。

 

メリットを知ることで、

税理士に依頼することの重要性が理解できるでしょう。

 

経理を丸投げできる

税理士に依頼をすると、

確定申告にまつわる業務を丸投げしてしまうことが可能となります。

 

最近は便利な会計ソフトも充実しているため日々の帳簿づけは簡単になりますが、

会計ソフトに入力するだけでも非常に面倒な作業となるでしょう。

 

帳簿をつける際には仕訳という入力作業を行うことになりますが、

仕訳で入力する項目は多く、

それを見直して修正する作業が生じた場合はさらに面倒に感じるでしょう

 

簿記の知識が無い人にとっては仕訳作業はつらく、

この作業を一年間通して行うだけでも重労働となります。

 

ビジネスの規模が大きくなるほど仕訳作業も大変になっていくので、

法人化した段階で早めに税理士に依頼することを考えた方が良いでしょう。

 

もちろん、

個人事業主でも税理士を利用することは可能です。

 

レシートや書類を税理士に渡すだけで、

必要な仕事を進めてくれるでしょう。

 

税理士は日々の仕訳業務のみではなく、

確定申告の書類の作成や、

申告業務に至るまでの全ての作業を担当してくれます。

 

事業の規模が大きくなるほど税理士は欠かせないビジネスパートナーとなっていくでしょう。

 

節税に関する助言をもらえる

確定申告の際に難しくなるのが経費の計上です。

 

なにが経費として処理可能で、

なにが経費として認められないかを正確に把握できている人は珍しいでしょう。

 

税理士であれば適切に経費を計上してくれるので、

無駄な税金を支払って損をしてしまうことも無くなります。

 

また、

会社を経営する上で有用な節税アドバイスもくれるため、

良い相談相手になってくれるでしょう

 

例えば条件を満たすことで税金を安くしてもらえる控除というシステムがありますが、

条件を満たしていたとしても自分から申請しないと適用されない不親切なものとなっているため、

税理士から適用可能な控除の知識なども教えてもらえると非常に助かります。

 

上記のように、

税理士はただ確定申告をやってくれるというだけの存在ではありません。

 

税理士と関わることで、

経営に必要な自分自身の知識もつけていくことができるでしょう。

 

税理士に依頼する際の注意点

確定申告に関する面倒な作業を一手に引き受けてくれる税理士ですが、

税理士に依頼する場合に注意しておくべき点があります。

 

税理士へ依頼したいと考えている方は、

これからご紹介する注意点を踏まえた上で検討してください。

 

依頼料が高め

契約内容によって変わるものの、

個人事業主が契約するだけでも年間に30万円~60万円程度はかかってしまうでしょう。

 

ビジネスが軌道に乗っていないと依頼しにくい金額であるため、

税理士に相談する際は依頼料がどの程度かかるかはよく確認しておきましょう。

 

依頼料は高いものの、

税理士に依頼する価値は大いにあります

 

経理にかかる時間は膨大であるにも関わらず、

お金が一切発生しないため、

無駄な時間をただ働きで費やすことになってしまいます

 

経理を省いて空いた時間をビジネスに注ぐことができると考えれば、

税理士に依頼する費用対効果は高いでしょう。

 

税理士に関わるお金は経費として計上できるのも嬉しい点です。

 

信頼できる税理士を見つけるまでが大変

一口に税理士といっても人によって質は異なり

高い報酬を支払っているにも関わらず良い働きをしてくれないという人もいるので注意が必要です。

 

また、

税理士によって得意とする分野や、

不得意とする分野も存在するでしょう。

 

節税に強い税理士もいれば、

電脳せどりに関する経理に強い税理士もいます。

 

良い税理士と巡り会うためには、

質の高い税理士を探すのみではなく、

自分のビジネスに合った税理士を探すという視点も大切になってくるでしょう。

 

電脳せどりに向いている税理士を探したい場合は、

ネットビジネス関係に強い税理士に絞って探してみてください。

 

ネットに弱い税理士の場合は、

せどりという商売すら知らない可能性もあるため、

期待通りの成果を出してくれないことがあります

 

少なくとも電脳せどりという商売を知っており、

ネットビジネス関連の案件に慣れているということを税理士選びの最低条件にしましょう。

 

まとめ

電脳せどりに合った税理士の選び方についてお伝えしました。

 

今回ご紹介した内容をまとめると、

以下のようになります。

 

  • 税理士に経理を丸投げできるので費用対効果が高い
  • 電脳せどりに強い税理士に絞って探す

 

業務的な関わりのみではなく、

時には節税対策などの相談にも乗ってもらうことになるため、

選ぶ税理士によって仕事の進めやすさが大きく変わってくる可能性があります

 

税理士という肩書のみで安心することなく、

依頼する税理士が自分のビジネスと相性が良い人なのかを注意深く確認しましょう。

 

今回はこのへんで終わりにします。

最後まで読んでくれてありがとうございました。