こんにちは、いけちです。

 

今回は『消費税とAmazon手数料の値上げ』をテーマにお話させていただきます。

 

Amazonの配送代行手数料が、

2019年2月21日に値上がりする旨の告知がされました。

 

消費税も同年の2019年10月に10%へ値上がりする予定であるため、

2019年は値上げのダブルパンチに見舞われることになります。

 

値上がりによって、

電脳せどりにどの程度影響があるのかを考えてみましょう。

 

Amazon手数料はどのように変わる?

消費税が8%から10%に値上がりすることが分かっていますが、

Amazon手数料がどの程度値上がりするかまでを把握している方は少ないでしょう。

 

Amazon手数料の変更内容は、以下の通りとなります。

 

 

一部値下がりする項目もありますが、

ほとんどの項目は現行から値上がりすることが分かります。

 

小型サイズと標準サイズで分かれていますが、

標準サイズの方が値上がり金額が高く、

手数料が100円ほど上がるものがあるため、

電脳せどりを行っている人にとっては痛い値上げとなるでしょう。

 

一つ一つは小さな金額でも、

電脳せどりで配送を行う頻度から考えると大きな負担となりそうです。

 

一方で、

配送代行手数料が値上がりする代わりに、

在庫保管手数料が2019年2月1日から値下がりすることも分かっています。

 

在庫保管手数料の変更内容は以下の通りです。

 

 

元々は小型・標準・大型それぞれのサイズの違いに関係無く、

一律の値段設定となっていました。

 

2019年の手数料変更によって大型商品と他の商品の価格が差別化されることになりますが、

いずれも変更前よりも値下がりしていることが分かるでしょう。

 

Amazonの値上がりと値下がりが同じ期間内に行われることが分かりましたが、

配送代行手数料を支払う頻度の方が高くなると思われるため、

全体的には今まで以上の手数料を支払うことになると考えて良いでしょう。

 

値上がりした手数料が上乗せされることによって、

一時的に仕入れた商品の利益率が下がることが予想されます。

 

電脳せどりで稼いでいる我々は、

来たるべき値上げのダブルパンチに備えておく必要があるでしょう。

 

電脳せどりは今後稼げなくなるのか?

消費税とAmazon手数料が値上がりすることによって、

今後電脳せどりで稼ぐことができなくなってしまうのではないか

と不安になってしまう方もいるでしょう。

 

確かに一時的に利益率が下がってしまう可能性はありますが、

必要以上に値上がりを恐れる必要はありません

 

手数料が値上がりしただけで稼げなくなってしまうような商売であれば、

ここまで電脳せどりが流行ることもなく、

過去の値上げの時点で廃れているはずです。

 

Amazon手数料の値上がりは毎年あることですし、

消費税も定期的に値上がりしていますが、

卸問屋の仕事はいまだに成り立っています。

 

卸問屋が生き残っているという事実が、

電脳せどりが廃れることはないという証明になっています。

 

手数料と税金が同時に値上がりしたとしても、

電脳せどりで稼ぎ続けることができる理由はもう一つあります。

 

市場においては、

値上がり後の商品の価格に合わせて、

バランスを取るようにして相場が安定していくという法則があるからです。

 

例えば、

利益率10%の商品を抱えているとして、

値上がりの直後に利益率が7%まで落ちてしまったとします。

 

最初は利益ダウンが続くものの、

しばらくすると相場を元通りに戻そうとする働きによって徐々に商品の利益率が回復していき、

当初の10%の利益率に戻ってくるような仕組みになっています。

 

値上がりした商品の価値に相場が追い付くまで辛抱強く待つことによって、

今まで通りに電脳せどりで稼ぐことができるようになるでしょう。

 

値下がり直後で利益率がダウンしている期間さえ乗り越えればよく、

ずっと損をし続けるということはないためご安心ください。

 

値上がり直後に注意しよう

手数料が値上がりしても元に戻るとはいえ、

値上がりの直後に利益率が下がってしまうことは事実ですので、

対策を考えておく必要はあります。

 

利益率が元に戻るまでは売り上げが振るわなくなる可能性があるため、

今まで以上に仕入れ基準を上げて仕入れしていく方がいいです。

 

できる限り早く対策を取った方が良いため、

今のうちから利益率が落ちても耐えられるぐらいの基準に上げておきましょう

 

まとめ

消費税とAmazon手数料の値上げについてお伝えしました。

 

今回ご紹介した内容をまとめると、

以下のようになります。

 

  • 消費税とAmazonの配送代行手数料が2019年に値上がりする
  • Amazonの在庫保管手数料は値下がりする
  • 値上がりしても電脳せどりで稼ぎ続けることはできる
  • 値上がり直後の利益率ダウンには注意しておく

 

値上がりのダブルパンチが来ても焦らずに、

一時的な利益率ダウンの期間を上手にやり過ごすようにしましょう。

 

コツコツと電脳せどりを続けていれば、

相場が安定してまた大きく稼ぐことができるようになります。

 

今回はこのへんで終わりにします。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

突然ですが、

数カ月ぶりにコンサル募集再開しました!!

「電脳せどりを1から教えてほしい!」

「完全在宅で食っていきたい」

「独学に限界を感じている・・・」

などなど、今の状況を打開したい方はご連絡ください。

本気でやれば3か月で月商400万以上いけます。

>>コンサル詳細はこちら