こんにちは、池田です。

 

今回のテーマは【電脳せどりを行う際の注意点!商標権侵害について】
です。

 

何も考えずに商品を仕入れてAmazonで出品していたところ「メーカーの方から商標権の侵害との申立てがありましたので商品の販売を取り下げさせていただきます」といった内容のメールが届く場合があります。

 

そもそも商標権とはなんなのか?そして上記のような内容のメールを受け取った場合どういった対応をすれば良いのか?

 

今回はそういった商標権侵害について説明させていただきます。

 

 

商標権とは?

指定商品又は指定役務について登録商標の使用を専有する権利。存続期間は設定登録から10年であるが、申請により更新することができる。指定商品もしくは指定役務についての登録商標に類似する商標の使用、又は指定商品もしくは指定役務に類似する商品もしくは役務についての登録商標もしくはこれに類似する商標の使用は、商標権の侵害とみなされる。

商標権は特許庁に申請して、審査が行われた後登録されるもので、権利を獲得する事が出来れば商品を独占的に使用できるだけでなく、類似品の販売を禁止できる権利を得ることが出来ます。

 

商標権侵害の商品とはそういった商標権に登録されている商品の類似品などの事を言います。

 

Amazonから商標権侵害のメールが届いたら?

冒頭でも説明した通り、商標権侵害の商品を扱った場合Amazonから商品取り下げのメールが届く場合があります。

 

もしそのようなメールが届いた場合、すぐ商品を取り下げれば基本的に問題はありません。

しかしメールが届いたことに気付かなかったり、無視して出品を続けてしまった場合、Amazonの出品アカウントが停止になる危険性があります。

 

アカウントが停止になった場合、売り上げが立たなくなり資金がショートしてしまう事にもなりますので注意していかなければなりません。

 

その為、Amazonから警告メールが届く前に商標権侵害の商品を出来るだけ把握しておくというのはとても重要な事と言えるでしょう。

 

商標権侵害商品の見分け方は?

ガクンと下がっているグラフ

商標権侵害商品の見分け方として【MONORATE】を使うという方法があります。

 

MONORATEとはAmazonで取り扱っている商品で今どういったものが人気なのか、そしてそういった商品の価格の推移をほぼリアルタイムに見ることが出来ますので、せどりをやっている方には必須ともいえるサイトとなっています。

 

商標権侵害の商品の見分け方ですが、自分が出品したいと考えている商品の出品者数を確認します。

 

商標権侵害の商品というのは、図のように出品者数が急にガクンと下がる特徴があります。

 

これはAmazonがメーカー側から商標権侵害の申立てを受け、出品者がそれに従い商品の取り下げを行ったことで起こる現象です。

 

図のようなグラフが100%商標権侵害の商品という訳ではないのですが、基本的には商標権侵害の商品と考えてこのようなグラフの商品には手を出さない方がいいでしょう。

 

上下のふり幅が大きくギザギザのグラフ

上のようなガクンと下がっているグラフ以外にも、上がったり下がったりといった、上下のふり幅が大きい上にそれを繰り返すギザギザのグラフというのも注意が必要です。

 

メーカー側が商標権侵害している商品がないかをチェックする時間帯というのは、主にメーカーの営業時間内です。

 

そういった事を理解している出品者というのは、商標権侵害の商品であると分かっていたとしてもチェックする時間外(主に夜の時間帯)のみに出品するというグレーな方法をとる方もいます。

 

その為ガクンと下がっているグラフだけでなく、ギザギザのグラフの商品にも注意する必要があります。

 

注意していても商標権侵害の商品を出品してしまう事もある

このような事に注意して出品を行ったとしても、商標権侵害の商品を仕入れてしまう事がありますが、Amazonからの警告メールが来たらすぐに商品を取り下げるようにすれば基本的には問題ありません。

 

またそういった商品を誤って仕入れてしまった場合でも、ヤフオクメルカリで出品してしまえば在庫の処理をすることは可能です。

 

とはいっても、出来るだけ商標権侵害の商品を仕入れるというのはリスクがありますので、そういったリスクを回避するためにも、商標権侵害の商品かもしれないという疑いがある商品の場合大量に仕入れるのではなく、様子を見つつ少量の仕入れを行ったほうがいいでしょう。

 

まとめ

今回は【電脳せどりを行う際の注意点!商標権侵害について】というテーマで説明しました。

 

今回の記事をまとめると下記のような感じです。

・商標権侵害の商品を見分けるにはMONORATEを利用する

・出品者数のグラフが急に下がっている、またはギザギザのグラフは商標権侵害の商品濃厚

Amazonから警告メールが来たらすぐに出品を取り下げる

・商標権侵害商品の在庫処理はヤフオクメルカリで行う

 

商標権侵害は分かっていたとしても仕入れてしまう可能性があるので、100%避けれるわけではないのですが、出来るだけそういった商品を察知してリスクが少ないせどりをやっていくようにしましょう。

 

今回はこのへんで終わりにします。

最後まで見てくれてありがとうございました。

 

「電脳せどりを1から教えてほしい、いまいち結果がでない」

そんな方はコンサルティングを始めましたので、こちらの記事を参照ください。

コンサルの詳細はこちら

 

私が言った通りに行動し続けさえすれば3カ月で月商400万までいけます。

 

 

ブログランキングに参加していますので、

応援していただける方は

1日1回クリックして頂けると

私のモチベーションに繋がります。
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどりランキング