こんにちは、池田です。

 

今回は、『せどりは違法なのか?』というテーマでお話させていただきます。

 

悪いイメージを持たれやすいせどりですが、

これは違法となる方法でせどりを行う人がいるということが大きな原因です。

 

せどりが悪いイメージを持たれる原因についてお伝えしますので、

是非この記事をご参考にしてください。

 

せどりは何故悪いイメージを持たれるのか?

せどりに悪いイメージを抱く人の理由として、2つほど考えられます。

 

・商品の価格を釣り上げているから
・違法な商売をしているから

 

せどりは安く仕入れた商品をより高い値段で販売する仕事ですので、

市場の商品の価格を釣り上げているというイメージを持っている方がいます。

 

また、違法な手段を用いて商品を販売しているというイメージを持っており、

せどりには手を出すべきではないと考える人もいるようです。

 

まずはこの2つの理由について、実際のところはどうなのかを考えてみましょう。

 

せどりは商品の価格を釣り上げている?

 

せどりは商品の価格を釣り上げているという点についてはどうでしょうか。

 

商品を安く仕入れてより高い値段で販売しているため、

商品の価格を上げているという点においては事実です。

 

しかし、ビジネスにおいて安く仕入れて高く売るという行為は商売の基本であるため、

転売行為自体は全く悪いことではありません

 

購入者にとって、

自分の欲しい商品がどこに売られているのかなどを調査することは、

非常に面倒な作業でしょう。

 

せどりをやっている人は、

この面倒な作業を肩代わりして掘り出し物のリサーチを行っています。

 

せどりで扱う商品にはリサーチ料も含まれていると考えれば、

転売元の値段よりも高くなることは当然の結果です。

 

せどりは市場の商品の値段を意図的に釣り上げているわけではなく

リサーチを肩代わりするという付加価値を添えて販売しているに過ぎません。

 

せどりをやっている人は違法な商売をしている?

 

せどり自体は全く問題のない真っ当な仕事であることを説明しましたが、

中には違法となる方法で商品を販売している人もいます。

 

せどりが違法というわけではなく、

人によって違法な方法で商売をする人と、真っ当な方法で商売をする人に分かれるということです。

 

せどりは自由に自分で売り方を考えることができる分、

悪意のある方法でお金稼ぎをしようと考える人も一定数います。

 

これらの悪意ある人間が、せどり全体のイメージを悪化させてしまっています。

 

せどりをやる側も、

購入する側も、どのようなせどりが違法であるかをしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

 

どんなせどりが違法なの?

せどりを行うにあたって、どのような行為が違法となるのかを順番にご説明します。

 

自分が知らずのうちに違法なせどりを行ってしまっていないかを考えてみましょう。

 

チケットの転売

アイドルグループのライブチケットなど、ライブに参加するために必要となるチケットを転売する行為です。

いわゆるダフ屋と呼ばれる行為です。

 

ダフ屋は、発売されたチケットをいち早く買い占め、ファンに高値で売りつけます

 

チケットを買いたいファンがいる場合、ダフ屋が買い占めてしまうと、ファンはダフ屋から高値でチケットを購入せざるを得なくなります。

 

チケットを販売しているアイドルグループなどにとってはダフ屋は迷惑な存在であるため、ダフ屋行為は法律で禁止されています

 

実際に逮捕された例もありますので、チケット転売は行わない方が無難でしょう。

 

せどりが仕事として成り立っているのは、購入者が商品を探す手間を肩代わりするという付加価値があるからです。

 

チケットのように需要が高く、いますぐにでも欲しいという人が探さなくても購入できる商品は転売には向いていません

 

多くの人が求めているにも関わらず、他人を邪魔して商品を独占する行為は嫌われますので注意しましょう。

 

これはダメだと世間で言われていることを商売にすることは避けるべきです。

 

偽ブランド品の転売

偽ブランド品を転売することも違法です。

 

せどりをしていると、知らぬ間に偽ブランド品を掴まされる可能性があります。

 

偽ブランド品と気が付かずにそのまま転売してしまうと、商標権の侵害として罰せられてしまうことになります。

 

偽ブランド品の転売は重い罪であり、10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金と定められています。

 

Amazonなどの通販サイトのアカウントも凍結されたりしてしまうため、再度せどりを始めることも困難になるでしょう。

 

偽ブランド品は絶対に扱うことのないよう注意しましょう。

 

例え無意識的に販売してしまったとしても罪に問われます

 

知らなかったでは済まされないため、偽ブランド品を掴まされないよう注意深く商品を見定めましょう。

 

中国輸入品には特に偽ブランド品が多いため、中国輸入品を扱っている方は要注意です。

 

脱税

個人でせどりをやっている場合、利益が年間38万円以上の収入がある場合は、確定申告をする義務が発生します。

 

また、サラリーマンの副業として行う場合は、年間20万円を超える収入がある場合に確定申告が必要となります。

 

確定申告の義務を怠った場合は、当然法律違反となりますのでご注意ください。

 

せどりをしている人の中には、ばれないだろうから申告しなくてもいいと考えている人が多いですが、それは誤りです。

 

最近は転売・せどりといったワードも有名になりつつあるため、役人が目を光らせている可能性が高いです。

 

特にせどりで多額の利益を上げている方は脱税が発覚しやすいため、

正直に確定申告するべきです。

 

数年間に一度だけ脱税調査が入るため、

未払いの人は後になって多額の請求をされる可能性があります。

 

長年脱税して誤魔化してきた人は、

後になって苦労する恐怖に悩まされることになります。

 

確定申告によって余分に払っていた税金が払い戻されるなどのメリットもあるため、

確定申告は必ず行うようにしてください。

 

販売サイトで禁止さていること

Amazonの出品規約など、販売サイトごとに定められたルールが存在します。

 

このようなルールに反した販売方法を取った場合、

アカウント凍結・閉鎖に見舞われる可能性があります。

 

アカウントが凍結された場合は、

サイトを復活させることができる可能性もあります。

 

しかし、

アカウント閉鎖は凍結以上に重い措置ですので、

永久にそのアカウントで作成したサイトを利用することができなくなってしまいます。

 

販売サイト側のブラックリストに載ってしまうと、

商売自体ができなくなってしまうため、

販売サイトのルールはしっかりと守るようにしましょう。

 

まとめ

せどりは違法なのか?ということについてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

今回は主に以下のような内容でした。

 

  • せどりは何故悪いイメージを持たれるのか
  • 違法なせどりにはどのような種類があるか

 

せどり自体は立派なビジネスですが、

一部の悪意ある人がせどりのイメージ全体を下げているというのが実状です。

 

ルールに則って、クリーンなせどりを行うように心がけましょう。

 

皆がルールをしっかり守ってせどりを行うことで、

せどりに対する悪いイメージを払拭することができます。

 

せどり業界の発展のためにも、一人一人が最低限のマナーを守ることが大切です。

 

今回はこのへんで終わりにします。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

 

”最速”で稼ぎたい方は下記の記事へどうぞ

⇒コンサルティングの詳細はこちら

 

ブログランキングに参加中

現在の順位はどのくらいだろう・・・

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどりランキング