こんにちは、いけちです。

 

今回は『最安値がAmazon直販の場合は仕入れを避ける』というテーマでお話させていただきます。

 

思うように電脳せどりの利益が上がらないと感じている人は、

仕入れを避けるべき商品を仕入れてしまっている可能性があります。

 

この記事で扱うべきではない商品の見分け方を把握しておき、

正しく利益を上げることができるようにしましょう。

 

商品の利益が中々上がらない理由

出品者は以下の種類に分かれています。

 

・商品の管理から発送までを全て自分で行う自己出品者

・Amazonに商品管理や顧客対応を委託して行うFBA出品者

Amazon自身が商品を出品するAmazon直販

・自己出品者に似ているものの、カート取得率がFBA出品者と同じであるマケプレプライム

 

他の出品者との差をつけるためには、

Amazonにおけるカート取得率を上げていく必要がありますが、

電脳せどりで利益を上げることができない人は、

中々カート取得をすることができません

 

カートを取得できずに迷走している電脳せどらーは、

Amazonが自ら商品を出品しているAmazon直販に、

勝ち目の無い勝負を挑んでしまっていないかを考えてみてください。

 

Amazon直販が最安値で出品している商品に関しては、

Amazon直販以外の出品者がカート取得することは非常に難しくなるでしょう。

 

上記の理由から、

Amazon直販が最安値で出品している商品を仕入れることを避けるべきですが、

なぜAmazon直販がカート取得に強いのかが気になる方もいるでしょう。

 

Amazonがカート取得に強い理由

Amazon直販がカート取得に強いことには理由があります。

 

Amazonが自分の会社を有利な状態に置きたいと考えるのは自然なことでしょう。

 

Amazonのサービスであるカート取得を、

Amazon直販が有利に行えるようなメカニズムがサイト内に組み込まれています。

 

Amazon直販がある商品を出品する際に、

最安値で販売されている商品の価格に合わせた上で出品してくるように設定されています。

 

誰かがAmazon直販が設定した価格よりも低い価格に設定し直したとしても

Amazon直販がさらにそれよりも安い価格に自動で合わせてくるようになっています。

 

自動的にAmazon直販が最安値を維持できるようなシステムとなっているため、

Amazon直販がカート取得をしやすい状況となっており、

Amazon直販と争う出品者は中々カートを得ることができなくなります

 

Amazon直販との価格争いを避けるために、

モノレートを利用する方法がおすすめです。

 

 

モノレートから商品の価格を確認する際に、

上記のような黒い太線がある場合、

Amazon直販が出品しているということが分かります。

 

黒い太線を見かけた商品に関しては、

仕入れを避けるということを徹底しておくことで、

Amazon直販にカートを奪われることも無くなるでしょう。

 

また、

Amazon直販が扱っていない商品でも油断は禁物です。

 

モノレートを見た時点では在庫切れで撤退しているだけで、

在庫を補充したらすぐに復活する可能性があるからです。

 

Amazon直販が撤退している商品でも、

最近までAmazon直販が扱っていたことが分かる場合は、

仕入れを避けた方が良いでしょう。

 

目安として、

Amazon直販が1年間扱っていない商品は安全だと考えましょう。

 

Amazon直販が同じ商品を扱っていてもチャンスはある

実は、

Amazon直販と同じ商品を扱っていても、

FBA出品者がカートを取得できている例はあります

 

条件によってはAmazon直販が最安値に合わせてこない場合があるため、

Amazon直販との価格競争に勝つことができる場合があるからです。

 

Amazon直販が最安値に合わせてこない条件を、

参考までにご紹介します。

 

他の出品者の価格が安すぎる

他の出品者の設定価格があまりにも安く、

最安値ではAmazon直販が利益を見込めないと考えた商品に関しては、

価格を合わせてくることを避ける傾向にあります。

 

無理矢理価格を下げることでAmazon直販を引き離すことが可能ですが、

Amazon直販が利益を上げることができると考えているボーダーラインを下回る必要があるため、

自分が利益を上げることも難しくなります

 

メーカーから価格を下げないよう依頼されている

Amazon直販が扱う商品のメーカーから価格を下げないよう依頼されている場合

Amazon直販は最安値に合わせることができなくなります。

 

電脳せどりの上級者の中には、

価格調整をしながらAmazon直販が価格を合わせてこれない商品であるかを確認する人もいます。

 

まとめ

最安値がAmazon直販の場合は仕入れを避けるということについてお伝えしました。

 

今回ご紹介した内容をまとめると、

以下のようになります。

 

  • Amazon直販と同じ商品を扱うと利益が上がりにくい
  • Amazon直販はカート取得率が高くなるシステムになっている
  • 例外的にAmazon直販よりも最安値で販売できるケースがある

 

電脳せどらーの中には、

Amazon直販と同じ商品を扱って利益を出している人はいますが、

かなり上級者向けの販売手法が求められます

 

慣れないうちはAmazon直販と同じ商品には手を出さない方がよいでしょう。

 

今回はこのへんで終わりにします。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

突然ですが、

数カ月ぶりにコンサル募集再開しました!!

「電脳せどりを1から教えてほしい!」

「完全在宅で食っていきたい」

「独学に限界を感じている・・・」

などなど、今の状況を打開したい方はご連絡ください。

本気でやれば3か月で月商400万以上いけます。

>>コンサル詳細はこちら