こんにちは、いけちです。

 

せどりにとって仕入は命。

 

クーポンやセールで安く仕入れることができる

楽天から仕入れを行っている人も多いですよね?

 

たくさんの商品を安く仕入れるために、

複数のアカウントを使いまわしている人も多いはず。

 

しかし、楽天で複数アカウントを持つと、

アカウントが利用停止になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

そこで今回は「楽天アカウントの複数保有による利用停止を回避する方法」についてお話ししていきます。

 

利用停止を逃れて楽天で安い仕入れができるようになりましょう。

楽天で複数のアカウントを持つことは規約で禁止されている

楽天で複数のアカウントを持つことは楽天会員規約第8条で以下のように禁止されています。

利用規約で禁止されている行為ですので、

複数アカウントの所持が楽天にバレてしまうとアカウントを停止されてしまうのです。

楽天アカウントが停止されるとどうなる

「複数アカウントを持っている」と楽天に判断されてしまうと、

アカウントの利用を停止されていまいます。

 

そして、アカウントが停止されるデメリットは以下のようなものです。

 

  • ポイントが失効する
  • 楽天で買い物ができない
  • ランクも失効する
  • 失効後の復活はほぼ不可能

楽天アカウント停止のデメリットについて詳しく見ていきましょう。

ポイントが失効する

アカウントを失効すると、

これまで貯めていた楽天スーパーポイントも一緒に失効してしまいます

 

仕入単価を下げるために、

ポイントを貯めているというせどりの方も多いですよね?

 

しかし、複数アカウントの所持が楽天にバレてしまうと、

これまでせっかく貯めてきた楽天スーパーポイントも失われてしまうことになります。

楽天で買い物ができない

アカウント失効したら、

もちろん楽天で買い物をすることもできません。

 

楽天スーパーセールなどで安く商品を仕入れてきたというせどりの方は、

アカウント失効によって楽天での仕入れができなくなってしまいます。

ランクも失効する

楽天市場は買い物実績によって、シルバーからダイヤモンドまでのランクがあります。

 

ランクが高くなればポイント還元率が高くなったり、

限定クーポンが発行されたりしますが、

アカウント失効によって、これまで積み重ねてきた会員ランクも失効してしまいます

失効後の復活はほぼ不可能

そして一度アカウンを失効してしまうと、

その後に復活させることはほぼ困難になってしまいます。

 

2度と自分や家族の名前で楽天で買い物をすることができなくなってしまう可能性が高いのです。

停止に繋がるせどりの行為

では、どんな行為がアカウント停止に繋がってしまうのでしょうか?

 

主な行為としては以下のようなものがあります。

 

  • カードの決済不能が多い
  • 家族で同一商品を大量購入
  • キャンセルが多い
  • 発送先が代行業者
  • 大量商品をコンビニ受け取り

どれもせどりにとっては珍しいことではないので注意が必要です。

カードの決済不能が多い

せどりはクレジットカードで大量の商品を仕入れるので、

気づけば限度額いっぱいになっているということもよくありますよね?

 

このような状態で楽天で買い物をすると決済ができません。

 

そしてあまりにも決済不能の回数が多いと、

悪質なユーザーだと判断されてアカウント停止に繋がってしまうことがあるのです。

家族で同一商品を大量購入

家族のアカウントをフル活用して、

セールス商品を大量購入しているせどりの方も多いですよね?

 

このような行為も楽天から「仕入れに使用しているのかもしれない」と判断されて、

アカウント停止に繋がることがあります。

キャンセルが多い

せどりは注文した商品よりも安い業者を見つけると、

大量のキャンセルをすることもよくあります。

 

キャンセルが多い行為も楽天から「怪しい」と判断されて、

アカウント停止の原因になります

発送先が代行業者

個人名のアカウントなのに、発送先が代行業者であることが分かった場合も、

転売目的である可能性が非常に高いと判断されるのでアカウント停止の原因となります。

大量商品をコンビニ受け取り

大量の商品をコンビニ受け取りにするような場合も、

一般の個人ではありえない受け取り方です。

 

やはり、このような行為もアカウント停止へと繋がってしまいます。

利用停止を防ぐために注意すること

楽天アカウントの利用停止を防ぐためには、以下のようなことに注意しましょう。

  • カードの残高を確認する
  • 家族名義で同一商品を購入しない
  • 不自然な受け取り方はしない

少しの配慮で防げることばかりです。

 

詳しく見ていきましょう。

カードの残高を確認する

決済不能にならないようにカードの残高を確認しておきましょう。

 

また、楽天はカード決済のタイミングが店舗によって異なり、

店舗によっては注文後しばらくたってから決済をする場合があります。

 

商品によって決済されるタイミングにタイムラグがありますので、

一定程度クレジットカードの残高には余裕を持たせておく方がよいでしょう

家族名義で同一商品を購入しない

家族名義で同一商品を購入すると、

「転売目的で家族のアカウントを使用して大量仕入をしている」と判断されてしまいます。

 

家族名義で同一商品を大量に仕入れることは避けるようにしましょう。

不自然な受け取り方はしない

代行業者やコンビニ受け取り繰り返す行為も、

普通の個人であればあり得ません。

 

できれば、自宅や事務所で受け取るようにしてください

まとめ

今回は楽天アカウントの複数保有による利用停止を回避する方法」についてお話してきました。

ポイントは以下の通りです。

  • 楽天に複数アカウントの所持がバレるとアカウント停止になる
  • カード決済不能や異なる名義での大量仕入れや不自然な受け取りは複数所有がバレる可能性大
  • 決済や注文や受け取りを注意すれば、アカウント停止は防ぐことができる

アカウントを停止されると、

楽天での仕入れはできなくなってしまいます。

 

紹介した方法で、楽天での大量仕入れには注意して行うようにしてください

今回はこのへんで終わりにします。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

突然ですが、

数カ月ぶりにコンサル募集再開しました!!

「電脳せどりを1から教えてほしい!」

「完全在宅で食っていきたい」

「独学に限界を感じている・・・」

などなど、今の状況を打開したい方はご連絡ください。

本気でやれば3か月で月商400万以上いけます。

>>コンサル詳細はこちら