こんにちは、いけちです。

 

今回は『固定費をもっと抑える方法』についてご紹介します。

 

毎月いくら固定費を支払っているかを確認したことはあるでしょうか?

 

ちゃんと計算してみると、

意外と固定費がかかってしまっているものです。

 

この記事で固定費を抑える方法を確認し、

出費を少しでも減らしていきましょう

 

 

固定費は何にかかる費用?

固定費とは、

毎月必ず同じ額だけ口座から引かれるお金のことを指します。

 

一般的には家賃・光熱費・スマホ使用料などが固定費に該当するでしょう。

 

せどり関連ならば、

Amazon大口契約の料金や、

価格調整の際にかかる固定費などがあります。

 

効率的に毎月の固定費を減らすことは、

長い目で見ると大幅な節約となるでしょう。

 

固定費を抑えるための効率的な方法を順番にお伝えしますので、

それぞれご参考にしてください。

 

スマホの使用料を抑える方法

固定費の中でも最も簡単に価格を抑えられるものがスマホの使用料で、

毎月1万円以上かかっている人は、

半分以下の料金に抑えることができます

 

自分の場合は、

スマホ使用料が3千円程度で済んでいます。

 

スマホの使用料を抑えるコツとして、

格安SIMを利用する方法をお伝えします。

 

格安SIMを利用するメリットとは?

スマホの使用料を抑えるカギである格安SIMですが、

格安SIMを利用するメリットは大きく分けて2つあります。

 

メリット① 使用料が安い

三大キャリアのスマホを使うと、

どうしても使用料が5千円以上になってしまいますが、

格安SIMを使うことで安く抑えることができます。

 

月々のスマホの使用料は、

スマホ本体の使用料ではなく、

SIMカードの使用料です。

 

つまり、

SIMカードさえ安いキャリアと契約してしまえば、

どのようなスマホを使用しても、

毎月の使用料を安く抑えることができるということです。

 

 

まずは格安でSIMカードを利用させてくれるキャリアを探して契約した上で、

SIMフリーのスマホをAmazonなどで1万円程度で購入し、

格安SIMを挿入しましょう。

 

私もSIMカードについて詳しくはありませんが、

上記の手順を行うだけで問題無く使うことができていますので、

誰でも簡単に利用できるでしょう

 

具体的なSIMカードの挿入方法も、

購入したスマホの説明書に記載されているため簡単です。

 

電脳せどりをやっている人にオススメなのは、

楽天モバイルのSIMカードです。

 

楽天モバイルはなんと、

最も安いプランSであれば毎月1480円で済みます。

 

スマホ使用料を毎月1万円支払っている人にとっては破格の値段でしょう。

 

さらに、

ダイヤモンド会員であれば980円で利用可能となります。

 

電脳せどりで楽天を利用している人は、

ダイヤモンド会員になっている可能性が高いため、

さらにお得になるでしょう

 

楽天モバイルにはもう一つ嬉しい点があり、

楽天モバイルに登録することによって、

楽天市場を利用する際にポイントが2倍となる特典もついてきます。

 

電脳せどりをやっている人は頻繁に楽天市場を利用するため、

電脳せどりをやっている人にとっては大変嬉しい特典でしょう。

 

2倍分付与されるポイントの上限が5000ポイントまでである点には注意する必要がありますが、

毎月5000円余分にもらうことができると思えば十分にお得でしょう。

 

メリット② 解約金が発生しない

三大キャリアの場合は、

契約更新月以外の日に解約することで、

解約金が取られてしまいます。

 

1~2年ごとの1か月の間に解約する必要があるため、

解約をするタイミングを見計らうことが難しいという問題があります。

 

格安SIMを提供してくれるキャリアであれば、

この解約金が発生しない場合もあるという点が大きなメリットでしょう。

 

先程オススメした楽天モバイルの場合は、

最低契約期間満了時に解約金が無料となります。

 

契約内容ごとに、

最低でも契約を継続しなくてはならない期間が設定されており、

最短で12ヶ月となっています。

 

最低契約期間さえ過ぎてしまえば、

解約金を気にせずに解約できるようになるのが嬉しい点です。

 

格安SIMにはデメリットもある

魅力の多い格安SIMですが、

デメリットもあります

 

三大キャリアはサポートが厚く

分からないことがある時はサポートセンターで教えてもらうことができますが、

格安シムに関してはサポートが一切存在しません

 

問題が発生したら自分で解決する姿勢が必要となるため、

格安SIMの利用はスマホ上級者向けであるとも言えるでしょう。

 

分からないことがあっても、

ネット検索でほとんどの問題は解決することができるため、

自分で調べて解決できる人であれば全く問題無いでしょう。

 

スマホの次に抑えられる固定費は?

スマホの次に抑えやすい固定費は家賃です。

 

物件をよく探せば、

家賃が安くても必要最低限のものが一通り揃う部屋を借りることができます。

 

家賃相場は5万円以上ですが、

贅沢をしなければそれ以下の家賃の部屋はたくさん見つかるでしょう。

 

私が引っ越した時は家賃2万円の物件に住んでいましたが、

トイレやエアコン付きで暮らしに不自由は無い環境でした。

 

電脳せどりで稼ぐ限りは通勤の必要が生じないため、

立地になどにこだわる必要がありません。

 

駅から遠いエリアを探すことで、

安い物件を探すことができるでしょう。

 

固定費の分別をしよう

支払う必要のある固定費と、

そうでない固定費を仕分けておくようにしましょう。

 

人によっては、

なぜ引かれているか分からないまま引かれている固定費があるため、

どのような固定費が引かれているのかを明確にする必要があります。

 

銀行口座やクレジットカードの明細書を確認して、

何か無駄な固定費が引かれていないかをよく確認してください。

 

無駄な固定費が引かれているようであれば解約しましょう。

 

明細書を見ても良く分からない固定費がある場合は、

銀行やクレジットカード会社に連絡して、

代わりに解除してもらうという措置を取ることも可能です。

 

最悪の場合、

口座やクレジットカード会社を変えてしまうことで回避することも可能となります。

 

少額の固定費であったとしても積み重なると大金になるため、

無駄な固定費を甘く見ないようにしましょう。

 

せっかく電脳せどりで稼いでも、

不要な固定費で引かれてしまってはもったいないため、

日頃から細かく確認してください

 

まとめ

毎月払っている固定費をもっと抑える方法についてお伝えしました。

 

今回ご紹介した内容をまとめると、

以下のようになります。

 

  • スマホ使用料と家賃が抑えやすい
  • スマホは格安SIMを利用する
  • 格安SIMは楽天モバイルがオススメ
  • 必要の無い固定費は解除する

 

小さな節約の積み重ねが大金となりますので、

未来への投資と思って固定費を減らす努力をしていきましょう。

 

今回はこのへんで終わりにします。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

突然ですが、

数カ月ぶりにコンサル募集再開しました!!

「電脳せどりを1から教えてほしい!」

「完全在宅で食っていきたい」

「独学に限界を感じている・・・」

などなど、今の状況を打開したい方はご連絡ください。

本気でやれば3か月で月商400万以上いけます。

>>コンサル詳細はこちら