せどりする男性(いらすとや)

 

こんにちは、池田です。

 

引っ越しがようやく終わりました。

 

普段全く動かないので、あちらこちら筋肉痛でマメだらけです。

 

人間動かないとどんどん衰えてくるものですね。

 

まだまだ荷物の荷ほどきやエアコンの取り付けなどやることはたくさんありますが、再来週ぐらいからは融資に向けて作業が進めそうです。

 

融資を受けて早く業者仕入れに移行していき、収支をどんどん上げていきたいところです。

 

今回のテーマは【初心者必見!モノレートを完璧に使い倒して最小限にリスクを抑える】です。

 

インターネットビジネスの中には多くのビジネスが存在しますが、比較的簡単に素早く始めることができるのが電脳せどりです。

 

ただ、電脳せどりにもリスクが存在します。電脳せどりを成功させるには、リスクを最小限に抑えることが大切です。

 

初めてインターネットビジネスに取り組む人、特に電脳せどりに初めて取り組む人にとっては、リスクを最小限に抑えるために、実績のあるツールを使って取り組むことが必要です。

 

そこで今回は、電脳せどりをする人に人気があって実績があるツール【モノレート】の使い方を紹介します。

 

さらに、モノレートを完璧に使い倒して、リスクを最小限に抑えて収益を上げるポイントを説明します。

 

 

電脳せどりで重要なのは売買のタイミング!

 

電脳せどりの基本的な仕組みは、買いたいと思っている人が多い商品を、できるだけ安い価格で買って、できるだけ高い価格で売ることです。

この絶妙なタイミングを知ることが、電脳せどりで重要なポイントになります。

 

重要なポイントを見逃すことなく、リスクを抑えるために、【モノレート】というツールがとても役立ちます。

【モノレート】はこちら

 

モノレートでわかるコト

 

電脳せどりに取り組む場合、Amazonを利用して取り組む人が多いです。Amazonを使って電脳せどりに取り組むためには、Amazonで売られている商品のデータが必要になります。

 

モノレートでは、Amazonで販売されている商品について、「最安値」「出品者数」「ランキング」「モノレートユーザー」の推移がグラフで確認することができます。

 

どの数値もAmazonを使って電脳せどりする人にとって欠かせないデータです。

 

グラフの対象とする商品のコンディションは、「新品」「中古」「コレクター」「再生品」から選択することができます。

 

また、グラフは、3か月、6か月、12か月などから選ぶことができます。

 

まずはモノレートにアクセスしましょう!

 

モノレートを利用するために、会員登録などは必要ありません。利用料も発生しません。

 

まずは、モノレートにアクセスしてみましょう。

【モノレート】はこちら


モノレートで最もよく利用されるのが「商品検索」です。

モノレート画面キャプチャ

「商品検索」の表示に並んで「カテゴリ選択リスト」「キーワード入力欄」「グラフを見るボタン」があります。

 

「カテゴリ選択リスト」は、最初に表示される「すべてのカテゴリ」以外にも、様々なカテゴリが表示されますが、商品名やASINコードを入力する場合は、特に選択する必要はありません。

 

ASINコードと言うのは、Amazonが決めた商品識別用の番号で、書籍以外のAmazonが取り扱っている商品にすべてつけられています。書籍にはASINコードとは別の番号(ISBN)が付けられています。

 

キーワード入力欄にAISNコードを入力して、「グラフを見るボタン」をクリックすると、該当する商品のデータを見ることができます。

 

モノレートで得られるデータ

 

ASINコードを入力して商品検索をすると、次のような画面が出てきます。

モノレート画面キャプチャ

検索した商品のコンディションごとの最安値、出品者数などを確認することができます。

 

画面を下にすすむと、「最安値」「出品者数」「ランキング」「モノレートユーザー」の推移がグラフで表示されています。

モノレート画面キャプチャ

モノレート画面キャプチャ

グラフの表示期間は、「最安値」グラフの上の部分の右上部分で変更することができます。

 

期間が長くなれば長くなるほど、グラフが細かくなり、数値の変動がわかりにくくなるので、季節で売れ行きが異なる商品以外は、3か月で見ると数値の推移がわかりやすいです。

 

モノレートのグラフを見るポイント

最安値のグラフを見るポイント

 

まずは「最安値」グラフを見てください。このグラフはAmazonで売られている最安値の推移を表しています。Amazon本体が販売している商品などは、数値の変化があまりなく、一定の場合があります。

 

最安値に変化がない商品は、価格差が生まれにくいため、電脳せどりにあまり向いていない商品ですが、もし利益の出る商品が見つけられた場合は、安定して利益を出していける商品とも言えます。

 

出品者グラフを見るポイント

 

次に「出品者」グラフを見てください。このグラフは、Amazonマーケットプレースで該当商品を出品している人の数です。

 

出品者が減ると最安値が上がり、出品者が増えると最安値が下がる傾向が見られます。出品者が増えると価格競争が起こりやすくなるために、商品の価格が下がりやすいためです。

 

このため、出品者が増えているときには、該当商品を積極的に取り扱わないことがリスク軽減に役立ちます。

 

ランキンググラフを見るポイント

 

「ランキング」グラフは、Amazonにおける該当商品の売り上げランキングの推移を表しています。簡単に言うと、どれくらい商品が売れているかという目安になります。

 

Amazonで価格が下がると、ランキングは上がる傾向があります。ただし、ランキングの推移だけで判断するのはリスクが大きいです。他のグラフと合わせて総合的に判断することで、リスクを抑えることができます。

 

モノレートユーザーのグラフを見るポイント

 

最後に「モノレートユーザー」グラフでは、該当商品を検索したモノレートユーザーの数がわかります。モノレートユーザーの多くは、電脳せどりに取り組んでいる人と考えて良いでしょう。

 

つまり、モノレートユーザーの数は、同じ商品を電脳せどりの対象に考えているライバルの数です。電脳せどり対象としての注目度合いがわかります。

 

モノレートユーザー数が急激に増えている場合は、何か理由があります。例えば、家電量販店などどこかで安く仕入れられるなどが考えられます。

 

モノレートユーザー数が増えると、Amazonの出品者も増えます。出品者が増えると、最安値が下がる可能性が高いです。

 

なお、モノレートユーザーは、10日間で10回以上検索された場合にのみ表示されます。

 

価格比較も参考にしましょう

 

商品検索したあとに表示される画面に「価格比較」ボタンがあります。

モノレート画面キャプチャ

これをクリックすると「モノレートサーチ」の検索結果が表示されます。

モノレート画面キャプチャ

モノレートではAmazonのデータを基にしたグラフが表示されますが、モノレートサーチではAmazon以外の価格も確認することができます。

 

Amazonよりも安い価格で販売されている場合は、仕入れに利用することもできます。モノレートと合わせて確認することで、リスクを抑えた電脳せどりに取り組むことができます。

 

最後に

 

今回は、モノレートを使ったリスクを抑える方法について説明させていただきました。

・電脳せどりで重要なのは売買のタイミング!

・電脳せどりで重要なタイミングを確認するために「モノレート」が便利!

・モノレートでは「最安値」「出品者数」「ランキング」「モノレートユーザー」の推移がグラフで見られる。

・モノレートのグラフを確認してリスクを押さえよう!

 

今回紹介したもの以外にも、モノレートの使い方やリスクを抑えるポイントが存在します。

 

また、モノレート以外にも、電脳せどりに役立つツールは様々あります。様々なツールを使って、効率的に取り組むことが、電脳せどりで収益を上げるのにとても役立ちます。

 

電脳せどりに取り組むと収益を上げることができます。ただ、とても奥が深いので、しっかりと学んで、ツールを使いこなす必要があります。

 

生計を立てるほど稼ぐには大変ですが、お小遣い稼ぎだったり、副業として取り組むのであれば、すぐにでも取り組むことができるのが、電脳せどりの良いところです。

 

電脳せどりに少しでも興味を持った方は、始めてみてはいかがでしょうか?

 

今回はこのへんで終わりにします。

最後まで見てくれてありがとうございました。

 

「電脳せどりを1から教えてほしい、いまいち結果がでない」

そんな方はコンサルティングを始めましたので、こちらの記事を参照ください。

コンサルの詳細はこちら

 

私が言った通りに行動し続けさえすれば3カ月で月商400万までいけます。

 

 

ブログランキングに参加していますので、

応援していただける方は

1日1回クリックして頂けると

私のモチベーションに繋がります。
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどりランキング