こんにちは、いけちです。

 

今回は『専業で電脳せどりをやる人が法人化するべき理由』というテーマでお話させていただきます。

 

専業として電脳せどりを行っている人には、

法人化することをオススメしています。

 

この記事では、

なぜ電脳せどりを行う人が法人化をするべきなのか

その理由をお伝えします。

 

専業で電脳せどりを行っている人は、

この記事を参考にして法人化のメリットを確認してみてください。

 

法人化するメリットとは?

個人事業主として働いている人は、

事業拡大をする過程で法人化するべきかどうか選択を迫られることになるでしょう。

 

法人化するかどうかの判断として、

年収500万円以上の人は法人化を考えた方が良いという話をよく聞きます。

 

個人事業主の所得税額が法人税額を上回ってしまうラインが年収500万円以上からとなるため、

年収500万円稼いでいる人は個人事業主として所得税を納めるよりも、

法人化して法人税を納めた方が負担する税金が減ることになるからです。

 

この考え方も間違いではありませんが、

私は電脳せどりを専業で行う人に対しては、

年収に関わらず法人化することを勧めています

 

私がなぜ年収に関わらず法人化を進めるのか、

その理由をご説明します。

 

モチベーションアップに繋がる

専業で電脳せどりを行う場合も、

事業拡大を視野に入れながら仕事をすることになるでしょう。

 

法人化をすることによって、

事業拡大を目指すためのモチベーションアップを図ることができます。

 

法人化すると税理士への依頼料などの固定費がかかるようになるため、

固定費以上に稼がなくてはならないという意識を持つことができます。

 

さらに、

法人化をすることによって自分が社長になるわけですから、

社長としてふさわしい行動を取らなくてはならないという意識も持つことができるでしょう。

 

強制的に怠けることができない環境に自分を置くことによって、

電脳せどりでなんとしても稼ごうという熱意を持つことができます

 

何らかの目標が無いと人間はサボってしまいがちになるため、

法人化を利用して働く意欲を向上させましょう

 

融資を受ける際に有利

個人か法人かに関わらず銀行からの融資を受けることは可能ですが、

年数を経るごとに個人よりも法人で融資を受けた方が有利となります。

 

個人事業主は社会的信用が薄いため、

追加融資を受けることが難しいですが、

法人の場合は追加融資を受けることが比較的容易となります。

 

法人が追加融資を受けることができた場合、

年数を経るごとに相乗的に融資額も増えるため、

安定的に会社を運営することができるでしょう。

 

上記のように、

法人化をすることによって社会からの信頼が厚くなるため、

信用が問われる様々な場面で有利となります。

 

業者仕入れがスムーズに行える

業者仕入れを利用したいと考えた場合、

法人の方がスムーズに取引が進みやすくなります

 

メーカーに業者仕入れを行えるか問い合わせると、

法人にしか商品を卸さないと返答されることがあります

 

法人化をして社会的信頼を得ておくことによって、

個人事業主では取引することが難しい業者とも取引することが可能となります。

 

個人事業主として電脳せどりを行い続ける限りは契約できなかった業者と取引が可能になることで、

今まで以上に商売の幅が広がることでしょう。

 

個人で電脳せどりをしている人と差をつけることができるため、

他の人ができない仕入れ方をしたいという方には、

法人化をすることは特にオススメです。

 

また、

クロネコヤマトや日本郵便などの運送会社も同様に、

法人としか契約してくれない場合があります。

 

法人化することによって、

運送会社との取引もスムーズに進めることができるようになるでしょう。

 

法人化のデメリットはある?

法人化をする場合はデメリットが発生する点も覚えておきましょう。

 

先程もお伝えした通り、

法人化をすると税理士・社会保険といった様々な固定費がかかってきてしまいます。

 

それに加えて、

会社を設立する際にもお金がかかります。

 

合同会社は約10万円

株式会社は約25万円が設立の際に必要となります。

 

その他事務所を作るための費用といった諸経費がかかるため、

さらに経費はかさむことでしょう。

 

株式会社は合同会社よりも設立するために多くの費用がかかりますが、

信用力は株式会社の方が圧倒的に高いため、

お金は惜しまずに株式会社を設立することをオススメします。

 

まとめ

電脳せどりを専業で行っている人が法人化するべき理由についてお伝えしました。

 

今回ご紹介した内容をまとめると、

以下のようになります。

 

  • 法人化することでモチベーションアップに繋がる
  • 法人化によって社会的な信用を得ることができる
  • 法人化をする際は費用がかかる

 

法人化する際は費用がかかってしまう点がネックですが、

それ以上に法人化することによって得られるメリットは大きいです。

 

できるだけ早く法人化して社会的信用を獲得し、

他の電脳せどらーと差をつけましょう

 

今回はこのへんで終わりにします。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

突然ですが、

数カ月ぶりにコンサル募集再開しました!!

「電脳せどりを1から教えてほしい!」

「完全在宅で食っていきたい」

「独学に限界を感じている・・・」

などなど、今の状況を打開したい方はご連絡ください。

本気でやれば3か月で月商400万以上いけます。

>>コンサル詳細はこちら