こんにちは、いけちです。

今回は『頑張りすぎは良くない』というテーマでお話させていただきます。

 

せどり初心者ですぐにやる気を失ってしまう人の特徴と、

その対策方法についてご説明しますので、

せどり初心者の方はこの記事をチェックすることをオススメします。

 

長続きしないせどり初心者の特徴

長続きしないせどり初心者は、

せどりに対する取り組み方を誤ってしまっているケースが考えられます。

 

失敗してしまう初心者によくあるケースをご紹介します。

 

常に全力投球してしまう

初心者の間は、

せどりに集中して本気でやっていこうと考えがちですが、

最初からトップギアでやっても燃費が悪いため、

すぐに終わりを迎えてしまう可能性が高いです。

 

私もそれは同じで、

常に全身全霊で電脳せどりをやっていたらすぐに限界が来てしまうでしょう。

 

初心者のうちは力をセーブする方法が分からないため、

やる気に任せて頑張りすぎてしまうと、

大きな反動が来て体を壊してしまう可能性もあります

 

ペース配分も仕事の内であると考えて、

適切なタイミングでのみ全力を注ぐようにしましょう。

 

目標設定が大きすぎる

せどりを始めたてであるにも関わらず、

最初から大きすぎる目標を設定してしまう人がいます。

 

高い目標を掲げることはモチベージョン維持のためには必要ですが、

あまりにもハードルが高い目標を設定してしまうと、

どのように達成すれば良いかが分からなくなってしまいます

 

一つも目標を達成していない状態で計画ばかりを立ててしまうと、

達成できないことに自己嫌悪してしまう可能性もあるでしょう。

 

やりたいことと自分の実力とのギャップに悩まされる人は多いため、

自分の力で達成できる範囲内で目標を定めるようにしましょう。

 

非現実的な理想を抱いている

せどりに対して憧れを持った状態で始めた人などは、

非現実的な理想を抱きすぎてしまっている可能性があります。

 

せどりの成功者の体験談を読んで意気揚々と始めてみるものの、

理想通りに仕事が進むことは中々無いため、

がっかりしてしまうことになるでしょう

 

安直な理想を抱いてせどりを始める人には、

計画的に仕事を進める力が欠けているため、

すぐに挫折してしまう傾向があります。

 

長くせどりをやるためには

せどりを初めてすぐに挫折してしまうことを避けるためにも、

正しい姿勢でせどりに臨むようにしましょう。

 

長くせどりと付き合っていくための方法をお伝えするので、

これからご紹介する内容を意識しながらせどりを進めてみてください。

 

頑張りすぎない

全力投球を続けてすぐに力尽きてしまうことを避けるためにも、

肩の力を抜くことも意識しましょう。

 

まずは仕事の優先度を決めて

どの仕事に本気で取り掛かるべきかを考えましょう。

 

大事な場面にのみ力を注ぐようにして、

重要ではない仕事に関してはほどほどにこなすなど、

線引きを作っておくと疲れにくくなります。

 

せどりを長く続けるためにも、

せどりによるストレスを少しでも減らす努力をしましょう。

 

目標設定を小さくする

目標設定を小さくして、

現在の自分でも達成できる課題を作りましょう。

 

目の前の課題を一つずつクリアしていくことによって、

徐々にせどりに対する自信をつけていくことができます

 

最終的に到達したい目標を高く設定することは大切ですが、

高すぎる目標はどのようなルートを進めば到達できるかが想像しづらくなってしまいます。

 

一度大きな目標を決めたら、

その目標を細かく分解して、

一つ一つクリアしていくようにしましょう。

 

毎日異なる小さな目標を設定して、

一日の終わりに達成できたかを確認してみても良いでしょう。

 

チリも積もれば山となりますので、

せどりの自信をつけるための訓練として適しています。

 

情報収集をして計画を立てる

非現実的な理想を抱いていてもせどりで成功することは難しいため、

現実的にどのようなことをしたら稼ぐことができるかを意識するようにしましょう。

 

せどりに関する情報収集を行い、

実際にせどりをやっている人達がどのようなことをしているのかを学んでください。

 

せどりを生業にしている人達の知識やルールを知ることによって、

だんだんと現実的なせどりの世界の全体像が掴めてくるようになります。

 

非現実的な理想ばかりを抱いてしまう人は、

圧倒的に情報量が少ない状態であるということを理解しておきましょう。

 

情報収集を行いながら、

自分がどのようにせどりを進めたいのかという計画をしっかり立てておくことで、

着実に一歩ずつ進むことができます。

 

まとめ

頑張りすぎは良くないということについてお伝えしました。

 

今回ご紹介した内容をまとめると、

以下のようになります。

 

  • 常に全力投球することは避ける
  • 達成可能な目標設定をする
  • 情報を集めてせどりに対する理解を深める

 

頑張り過ぎることなく、

せどりを暮らしの一部として、

長く続けることを意識してみてください

 

継続的にせどりを続けることによって、

自然と稼ぐことができるようになっていきますので、

できることを一つずつゆっくりとクリアしていきましょう。

 

今回はこのへんで終わりにします。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

突然ですが、

数カ月ぶりにコンサル募集再開しました!!

「電脳せどりを1から教えてほしい!」

「完全在宅で食っていきたい」

「独学に限界を感じている・・・」

などなど、今の状況を打開したい方はご連絡ください。

本気でやれば3か月で月商400万以上いけます。

>>コンサル詳細はこちら